季節の過ごし方

季節の過ごし方

日本には四季があります。縦に長い日本列島ですので、地方によって季節の過ごし方には差がありますが、季節の持つ性質を知ることは病気の予防、美容にも大変役立ちます。どうぞこの知識をお役立てください。

春の過ごし方

春は暖かな日差しがあらゆる生命力に活力を与えてくれる季節です。冬の寒さがゆるみ、新芽が芽吹き、動植物は冬眠から目覚める「発生」の季節である春には、人間ものびやかに過ごすことが大切です。

のぼせる季節

上に上に栄えていく自然界の陽気と体の調和がうまくいかないと、体内の陽気が上昇して滞り、のぼせ、動悸、不安、不眠のような上半身に目立つ症状がでやすくなります。

春は五臓で言うと「肝」と密接な関係にある季節です。東洋医学でいう「肝」は血行の運行を正常に保ち、精神活動自律神経とも深いかかわりを持ちます。また「肝」はもっともストレスを受けやすい臓器で、機能が失調してくると、抑うつやイライラが現れます。

春になると体調が乱れる方は特に「肝」のトリートメントをすることが大切です。

風の季節

春はバランスのとれたココロとカラダの外因でもふれた、六気のを主気とする季節で、風が異常となり悪さをすることがあります。風には軽い、変化、揺り動かすような性質があり、寒・暑・湿・燥・熱とも結びつきやすいのが特徴です。

春の美漢方スタイル

日本の春は、新生活を迎え環境も変化しやすい季節です。「新しいこと」は気分をリフレッシュすることでもありますが、適応するまでにストレスを多く抱えてしまう方も多いようです。

「肝」はストレスが嫌いです。春には冬の寒さで塞ぎがちだった心と肉体を開放してあげることが何より大切です。

自然の陽気に触れ、自然の恵みを体に思い切りチャージしましょう!

春の自然の恵みである山菜は、眠っていたからだを起こしてくれる苦味のある食材が豊富です。この時期ならではのおいしい恵みですので活用しましょう。また、「肝」は酸味を好みます。酸味の食材を活用して、気の滞りを発散させましょう!

この時期のダイエットには、、気の巡りをよくすることが大事です。積極的に運動を取り入れて、体と心を解き放ちましょう。食事の前の入浴も効果的です。ミント系やグレープフルーツなどの柑橘系のアロマを活用するのも気の巡りを良くするのにGOODです。

首後ろ側にある風門のつぼ周辺を風にさらさないようにストールやスカーフを駆使しましょう!
*風門のつぼ:首を前に曲げたときに首の付け根に大きく出っ張る背骨の突起より一つ下の突起の下から、左右に指の幅一本半の場所にあります。